腕や足&頭皮や手の甲の美白

腕や足などボディのシミ美白のためにできることは?

顔の日焼けを防ぐUVケアは徹底していても頭皮やデコルテ、腕や足のUVケアは手を抜きがち。紫外線ダメージは全身に等しくおとずれるため手を抜いた部分にはその影響が顕著にでてしまいます。

全身くまなく抜かりなくUVケアするのは時間もかかりますし、大変です。なので、完璧に美白しようというのは難しいと思います。ただ、身体の部位はどこであってもシミ対策は「予防→鎮静→美白」の3ステップということは覚えておいてください。

    

唇のシミ・くすみはどうすればきれいにできる?

顔のなかでも盲点になるのが唇です。粘膜である唇は肌に比べて代謝がいいためできたメラニンも排出されやすくシミができにくい部分ではあるのですが 絶対にできないということではありません。そのためツヤのある桜色の唇を維持しようと思ったら唇専用のUVクリームがあるのでそれを使って予防することになります。

日焼け止めを毎日しているという人でも唇まで気を使っている人はまだまだ少ないと思います。

また、唇専用のジェルパックや保湿クリームもあります。肌と同じようなケアは唇にもできますので、たとえば唇がくすんでいるときは美白成分入りのリップクリームを塗って専用のラップやシートで覆ってパックということもできます。

濃いシミがある場合は美白化粧品では薄くするのは難しいですが、レーザー手術が非常に効果的です。唇は新陳代謝がよいためレーザー照射後の回復が早くすぐに周りの色と同じ色に戻ります。

頭皮や手の甲などパーツ美白はどうすればいい?

頭皮と手の甲は顔と同じぐらい紫外線にさらされやすい部分ですが、紫外線対策はサボリがちになってしまうところ。どんなに若作りしても手の甲(それから首)をみればその人の年齢がわかるというぐらいですからね。

頭皮に対しては一番いいのは帽子をかぶることです。UVヘアミストだったりスプレータイプのUV化粧水もあるにはあるんですが、ここにお金を使うのはどうなの?という感じがします。帽子や日傘といったものを利用したほうが費用対効果はずっといいはずです。

手の甲についてはUVカットクリームが充実しています。乾燥を防ぎつつ、香りもいい(あるいは無香料)でサラサラとしているので使い心地はいいです。ただこちらも手袋をしたほうが確実だと思います。いわゆる手のパーツモデルをやられている方の紫外線対策は基本的には手袋なので。

とういうわけで頭皮や手の甲などパーツ美白は、帽子と手袋が基本ベースであり、お金を使うならスカルプケアやトリートメント、ハンドケアに使ったほうがいいと思います。

背中やデコルテなどのシミ美白はどう対処すればいい?

背中やデコルテの日焼けは顔色とのコントラストの影響もあって目立ちやすい部位ですよね。他にもデコルテは年齢が出やすいですし、若い人であれば背中にニキビもできやすいので肌トラブルが発生しやすいところです。

背中やデコルテは普通に日焼け止めを塗ってもいいんですが、楽に広範囲に塗布できるのはスプレータイプが便利です。特に背中はどうしても塗るタイプは塗りムラができてしまうのですがスプレータイプならその心配がありません。

普段のケアとしてはデコルテ用のパックもありますし、ボディクリームで保湿を重視することも大切です。全身の広範囲をまとめて美白する場合は美白化粧品を使うよりは美白サプリを使ったほうがいいかもしれません。

それからどれだけ効果があるのか未知数ですが美白成分入りの入浴剤というものもあります。長野の野沢温泉、福島の高湯温泉にはメラニン生成を抑制する作用があるそうなので美白にいい温泉というのはあるようですが入浴剤はどうなんでしょうね?

ちなみにひじやひざといった部分に多い黒ずみは炎症性の色素沈着ということもあって美白コスメの効果が期待できます。ただ、時間がかかるので長期戦を覚悟しないといけませんし、 角質ケアや保湿をして肌を柔らかくしていったほうが黒ずみは目立たなくなるような気がします。

腕や足などボディ・パーツの美白のまとめ

ボディ・パーツ別の美白への意識も高まってきていることもあってパーツ美白のための美白化粧品も増えてきています。ただ、日傘や手袋、UVカットシャツなどを利用したほうが長い目でみると費用対効果はいいです。

普段の美白ケアについてのより詳しい情報や美白ケアQ&Aに詳しいので遊びにいってみてください。

身体の部位ごとにすべて美白化粧品を用意していたのではお金がかかりすぎるので美白の優先順位を決めて、その順番にお金をかけていくというのがいいのかな?と思います。

サイトMENU

サイトMENU

Copyright (C) 2013 腕や足から頭皮や手の甲まで体の美白を徹底解説!. All Rights Reserved.